心療内科を受診する前に注意しておくこと|症状を自覚して早期対策

医者

従業員が抱える心の問題

2人の女医

会社にとって何より大切にすべきは利益を生み出す源である従業員です。
そんな従業員の多くが心に不安を持っていたり、病気や辛い疲労感に苦しめられていたりしては本来の生産性を発揮することができません。そのため従業員が健康でしっかり働いてくれることが、会社の利益に繋がり、顧客の満足度にも繋がるのです。
最近の企業では、様々な不安要素を抱えたまま長時間働き続けている社員も多いのですが、それが悪化してしまうと過労死に繋がることもあります。もしもこのような問題が起きてしまうと大切な人材を失うだけではなく、遺族から賠償金を請求されることもあるのです。このようなトラブルを避けるためにも社員一人ひとりの体調面を、管理者は気にかける必要があります。大規模な企業であれば、一人ひとりの状態を管理者1人でチェックすることは難しいのですが、産業医が居ればスムーズに社員の管理ができるようになります。
産業医は仕事場などに直接訪問してくれるので、病院に行く時間を省くことができます。時間を省くと仕事を効率的に行なうことができるので、成績に影響を与えることはありません。また最近の職場環境は以前と比較して複雑化しているため、管理者一人では対処が難しい場合もあります。しかし、産業医が適切な対処をしてくれるので安心できます。
企業に合った産業医を探す方法はいくつかありますが、基本的には市や区の医師会に依頼して産業医を紹介してもらう方法がよいでしょう。最近の医師会では、ただ医師を紹介するだけではなく、資質の向上や職場環境を最適化できるように様々な研修をしているのです。もし紹介してもらうことか困難な場合はネットで産業医を紹介しているようなサイトを確認しておきましょう。